エストロゲン乳癌、エストロゲン性乳癌の情報、治療についてなど

エストロゲンとプロゲステロンの関係は?

エストロゲンは一般に「性ホルモン」と言われています。それもかなり強力なホルモンです。女性が思春期になると卵巣が活発に活動を始め、性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促すことになります。

エストロゲンは、女性の身体に肉体底に変化を引き起こします。乳房がふっくらと盛り上がったり、陰毛が生えてきたり、身長や体重が増えて、肌の色が変化してくるのはエストロゲンが影響しているからです。また、健康な女性であれば、閉経を迎えるまでに、血液中のエストロゲンは、ある一定の周期に従って増減を繰り返すことになります。閉経を迎えると、卵巣から分泌されるエストロゲンの量は、思春期の頃に比べると、非常に少なくなっていきます。

女性に生理が始まると、エストロゲンの影響をはっきりと受けるようになります。月経の前半部分では卵巣からエストロゲンが分泌され、乳房のなかの新しい細胞を増殖させ、母乳の製造可能量も増えることになる。一方、月経の後半では、乳房の乳腺はもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンでいっぱいになります。プロゲステロンは細胞の分裂・増殖を抑制する働きをもっています。したがって、プロゲステロンはエストロゲン性乳癌を予防する役割を果たしています