エストロゲン乳癌、エストロゲン性乳癌の情報、治療についてなど

疑似エストロゲンと植物エストロゲンとは?

食品汚染物質(工業用化学薬品や殺虫剤等)のなかには、人体のなかでエストロゲンのように作用するものがありますが、それ自体の力はあまり強くありません。疑似エストロゲンは、本物のエストロゲンのように乳房の細胞分裂に、良くも悪くも影響を与えています。また、天然エストロゲンの影響力を増加させる働きがあり、「悪いエストロゲン」の生産量を増やしたり、エストロゲンにさらされる時間を長くしたりします。

一方、植物エストロゲンは、人体のなかで天然エストロゲンの量を減らしながら、「良いエストロゲン」を増やす働きをもっています。研究者のなかには、大豆などに含まれる植物エストロゲンは、エストロゲン補充療法のかわりになると言い切る人もいます。しかし、食肉牛を太らせるために使う、キノコ類に含まれるエストロゲンであるゼラノールは、「悪いエストロゲン」を増加させる働きがあります。

このように、植物エストロゲンといっても、良いエストロゲンの働きを促すものもあれば、悪いエストロゲンの働きを強めるものもあります。一概に植物エストロゲンだからいいとは言えません。